着圧 ストッキング ひざ下

着圧ストッキングのひざ下タイプで効果のあるランキング

着圧ストッキングのひざ下タイプで効果あると今人気のあるものをランキングにしてみました。

 

着圧 ストッキング ひざ下

 

キュットスリム・ハイソックス

 

 

着圧ストッキング ひざ下1位 キュットスリムの特徴

 

キュットスリムの特徴は、

 

  • 10段階中10レベルという最高レベルの着圧
  • DYC糸を使っているので耐久性は抜群
  • かかとがあるので足首がずれることがない 
  • カラーは2種類 サイズはMサイズ、Lサイズ

 

といった感じです。

 

価格 hpa 着圧種類 評価
1340円 強圧 着圧 ストッキング ひざ下

 

着圧ストッキング ひざ下1位 キュットスリム・ハイソックスの総評

なんといっても10段階中10レベルの最高の着圧がポイント
最高レベルの着圧を求めるならこのキュッとスリムが1番となっています。

 

履き口もずれ落ちの心配のないように作られているので1日しっかりと着圧を感じれます
座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事の人の必需品ともいえる着圧ソックスです。

 

 
 

レッグドレナージュ

 

着圧 ストッキング ひざ下 

着圧ストッキング ひざ下2位 レッグドレナージュの特徴

 

レッグドレーナージュの特徴は、

 

  • 遠赤外線で脚があったかい
  • 生地が薄く、年間と通じて使用できる
  • 蒸れにくい素材なので夏場でも汗に強い
  • サイズはS,M、Lの3種類

 

といった感じです。

 

価格 hpa 着圧種類 評価
5500円 中圧 着圧 ストッキング ひざ下

 

着圧ストッキング ひざ下2位 レッグドレナージュの総評

遠赤外線で脚がぽかぽかと暖かくなるのがレッグドレナージュの特徴になります。
ソックスの圧着は中圧といったところなので平均的な着圧になります。

 

他の着圧ソックスと比べると価格がやや高くなってしまいますが、良いものを長く使っていきたいという方にはオススメです。

 

 

 
 

やくそく庵

 

着圧 ストッキング ひざ下 

着圧ストッキング ひざ下3位 やくそく庵の特徴

 

やくそく庵の特徴は、

 

  • ひざ下タイプの種類が豊富
  • 価格も他のメーカーと比べるとお手頃
  • 圧力の強さも、弱、中、強と3種類ある
  • 医療用ストッキングと同じ編み方なので安定した圧迫圧
  • 原材料はすべて日本製

といった感じです。

 

価格 hpa 着圧種類 評価
2700円 〜 弱圧、中圧、強圧 着圧 ストッキング ひざ下

 

着圧ストッキング ひざ下3位 やくそく庵の総評

ストッキングの原材料は全て日本製で作られています。
医療用のものと同じ網方をしているので足に均等に圧を感じることができます。

 

ふくらはぎのむくみをしっかり取りたい人にピッタリ。
着圧も弱、中、強と3タイプから選べるのであなたに合った着圧で履くことができます。

 

 

着圧ストッキングの履き方で多い失敗例

着圧 ストッキング ひざ下

 

多くの女性の悩みでもある足のむくみ、そんなむくみを取ってくれる着圧ストッキング、ソックスですが実は間違った使い方をしている人が多いようです。
その中でも最も多いNGな履き方をご紹介しますので着圧ソックスを買うときや履くときは注意してくださいね

 

間違った履き方をしていると効果が出なかったり、痛い思いをするだけなのでチェック必須です!

 

失敗1 圧力が強いほうが効果も大きい!

着圧ストッキングのあるある勘違い1番はこの圧力の強さについてです。
はっきり言って圧力が強ければ効果が高いというわけではないので勘違いしないようにしてください。

 

強い圧力は人によっては血行障害を招く恐れもあるのです。
その時の脚の疲れ具合によって使い分けるのが一番高い効果のでる履き方になります。

 

もし初めて買う場合は中圧を選ぶと失敗もすくないでしょう
圧力の強さとしては下記の強さを選ぶのがベストでしょう
足首:20〜30hPa、ふくらはぎ:10〜20hPa、太もも:5〜15hPa

 

失敗2 正しい位置で履いてない

着圧 ストッキング ひざ下
着圧ストッキングに限らず全ての着圧グッズは最新の技術で作られています。
なのでどの部分にどこに圧力をかけるかということも計算されて作られているので正しい位置で履いていないと効果も半減以下になります。
本来必要な部分に圧力が行かず、意味のない部分で圧力をかけるといったバランスの悪い履き方になります。

 

とくにソックスの場合は伸縮性があまりないので、履きにくいかもしれませんが、履くときはつま先部分からしっかりとシワを伸ばして履くようにしましょう。
その履きにくさがあるからこそ必要な場所に必要な圧力が行くようになっているのです。

 

失敗3 長時間履きっぱなし

着圧ストッキングは常に履いているほうがいいと思っている人がいますがこれは間違いです。
メーカーの説明にも書かれていますが長時間の着用はNGです。
8時間ぐらいが理想の着用時間です。職場で履いて、寝るときにも履くといった行為は一番ダメな履き方です。
あまり長く着圧品を履いていると本来体がもっている機能が衰える原因となります。

 

適度に使うからこそ着圧の効果を大きく感じ取れるという事を覚えておいてください。

 

失敗4 履いたまま寝る

寝るときに履いてしまうと血行を悪くする可能性があるので寝るときは履かないようにしましょう。
※就寝用の着圧ソックスの場合は別になります

私が一番オススメなのは1位のキュットスリム

着圧ストッキングのひざ下タイプのものを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱりキュットスリムです。

 

着圧 ストッキング ひざ下
まず他の着圧ストッキングはだいたいデザインは1種類ですが、キュットスリムは複数のデザインがあるのが特徴です。
しかも着圧のレベルも選べるので選択が他のメーカーよりも幅広いのがオススメの理由です。

 

価格も買いやすいお手頃の価格なのもいい感じです。

 

種類、サイズ、着圧レベル、価格、口コミの評価などトータルで考えるなら、キュットスリムがダントツで1位です!